キャバクラは夜だけと思ったら大間違い!朝も昼もキャバクラです!

朝も昼も夜もキャバクラがあるって知ってる?

キャバクラのお仕事は“ナイトワーク”と呼ばれたり、キャバクラ嬢は“夜の蝶”と表現されることもあるので、キャバクラは夜のお店という印象が強いですよね。

確かにほとんどのお店が夜に営業していますが、実は朝も昼もキャバクラって営業しているんです。

午前中を中心に営業しているお店を“朝キャバ”、お昼前後から夕方にかけて営業しているお店を“昼キャバ”と呼ぶことがあります。朝キャバや昼キャバ専門のお店はまだ少ないですね。ほとんどが夜も営業していて、売り上げを少しでも上げるために朝や昼間にもお店を開けているわけです。

人が集まりやすい繁華街や大きな駅の周辺を中心に、この朝キャバや昼キャバが急増してきています。それだけニーズも増えてきているということ。

キャバクラ嬢やりたいけど夜に働けない事情がある女性は、朝キャバや昼キャバに注目してみるのもいいかもしれません。求人数も増えてきてますから、意外と働ける場所を見つけることができますよ。

朝キャバ昼キャバは文字通り早朝から夕方にかけて開店しています

朝キャバと昼キャバの具体的な営業時間についてお話ししていきますね。

午前中を中心に営業している朝キャバですけど、オープンは早朝であることが多いです。早いところでは早朝4時や5時といった時間から営業を開始しています。

昼キャバはお昼の12時や13時くらいに営業を始めるお店が多いですね。そこから夕方の16時や17時まで営業しているお店が多くなってますよ。

この営業時間はお店によって全然違います。

例えば、早朝からオープンして、そのまま夕方まで営業を続けているお店もあれば、お昼頃に一旦閉めるお店もあるんです。朝から昼、そして深夜までぶっ通しで営業するお店も存在しています。

午前中のみ営業しているお店もあれば、午前10時くらいから午後15時までしかオープンしていないお店もあったりします。

自分の生活スタイルや空いた時間などを整理して、無理なく働ける時間帯をまずは考えてみましょう。バイトができる時間がわかれば求人も絞りやすくなります。

営業時間がまちまちな朝キャバや昼キャバだからこそ、求人内容を丁寧にチェックすることを心がけてくださいね。

朝キャバ昼キャバのお客さんで多いのは意外にも同業者?

早朝から営業しているキャバクラに、一体どんなお客さんが来るのか疑問に思いませんか?

朝キャバや昼キャバのお客さんで多いのは、実は同業者なんです。

同業者というのは、例えばホストクラブやキャバクラで働く男の人たちですね。ホストやボーイさんのことですけど、お仕事終わりに朝キャバに寄って1杯飲んで帰るという人がとても多くなっています。

他のお仕事の人たちも、もちろんたくさん利用してますよ。

お金と時間に余裕のある企業の偉い人とか自営業の方たちも、朝キャバや昼キャバにはよく顔を出していますね。定年退職した人やセミリタイヤしたような人たちもいます。こういう人たちは年配さんが多いです。

あとは、工事現場の作業員や警備員など夜に働いている人たちも、仕事終わりに朝キャバに立ち寄ることがよくあります。

朝キャバ昼キャバでは働いているキャストにも特徴があります!

夜のキャバクラなんていくらでも存在しているのに、なんで朝キャバや昼キャバを選んで働く女性がいるのでしょうか。そこには、それぞれの女性たちが抱える、いろんな事情があるんです。

朝キャバや昼キャバで働いているのはどんな女性でしょう。

  • シングルマザーの女性
  • 家庭を持つ主婦の女性
  • 大学や専門学校などに通っている女の子

これらのパターンがとても多いです。

共通しているのは、夜に働く時間がなかなか取れない人たちという点。子供や家庭があれば昼間に働くしかありません。学生さんも実家に住んでいると夜に働くのが難しいですよね。

フリーターの女の子ももちろんいます。あとは、夜のお店で働いてるけど、もうちょっとお給料が欲しい思ってるキャバ嬢が朝キャバや昼キャバで働いてるパターンもあります。

「昼間働きたい」、「夜に働くのはしんどい」などと思っている女の子は、朝キャバや昼キャバを中心に求人を選んでみると、たくさん稼げるアルバイト感覚で職探しができるのでオススメですよ。